カジノルーレットで使える必勝技-ココモ法を詳しく解説

オンラインカジノにはいくつもの戦略、立ち回りが存在します。その中でも今すぐ覚えて実践できるテーブルゲームにおけるココモ法と呼ばれた必勝法(賭け方)があります

覚えておいて損がないルーレット必勝法ココモ法を簡単に解説していきたいと思います!

ココモ法とは何?

ココモ法はマーチンゲール法より賭け金の振り幅が緩やかなうえ、資金に余裕があるほど確実に利益を生む理想的な必勝法としてカジノのルーレットで使う技です

ココモ法を実践して勝った時の利益がマーチンゲール法より高くベット額が抑えらるリスクの低さに特徴があり、マーチンゲール法の欠点を上手くカバーした必勝法だと言えます

ココモ法の特徴・マーチンゲール法の欠点をカバーした賭け方

・初心者プレイヤーが覚えておくべきベッティング方法

・賭けの法則を理解すれば簡単に実践できる

ココモ法が実際に使える展開は1ゲームで3倍の配当、3/1で当たるカジノゲームでしか実践することができません。そのためココモ法が使えるゲームは「ルーレット」「バカラ」「ブラックジャック」などとなります

ココモ法はメリットだらけで良いこと尽くしみたいだけど、やはりデメリットもあります

ココモ法のメリット・デメリット

  • ココモ法の長所
    • 連敗続きでも一発勝てば損益を取り戻せる。
    • 勝った時の利益がマーチンゲール法より多くベット金額が抑えられる
  • ココモ法の欠点
    • 勝てずに途中で辞めてしまうと利益が確実に大きなマイナス
    • 軍資金はそれなりに必要

ココモ法の使い方と賭け方

カジノルーレットでの使い方・賭け方は2種類の方法があります。ココモ法では3/1で当たりが引ける賭け方をします

1列だけに賭けを行うコラムベット

※画像だと2:1の一カ所にチップを賭けます

1グループの固まりに賭けを行うダズンベット

画像だと2ダーズの一カ所にチップを賭けます

次にベットする金額の説明をします

ココモ法のベット金額は2ゲーム前の賭け金+1ゲーム前の賭け金を合計した金額、3ゲーム目からココモ法の実践がスタート

つまり最初の2ゲームで勝った場合はリスタートになります

1ドルでココモ法をシュミレーションするのがわかりやすいと思うのでこの金額で使い方を説明していきます

例:ココモ法(コラムベット・ダズンベット)を使って10ゲーム目に勝ったケース

1ゲーム目2ゲーム目3ゲーム目4ゲーム目5ゲーム目
$1➡負け(-1ドル)1$➡負け(-2ドル)$2➡負け(-4ドル)
ココモ法発動!
$3➡負け(-7ドル)$5➡負け(-12ドル)
6ゲーム目7ゲーム目8ゲーム目9ゲーム目10ゲーム目
$8➡負け(-20ドル)$13➡負け(-33ドル)$21➡負け(-54ドル)$34➡負け(-88ドル)$55➡勝ち(+22ドル)

10ゲーム目に勝ったので再び1からスタートします。この時点で終了なら利益は22ドルです

ココモ法は一度でも勝てば利益が確定するテーブルゲームの攻略・必勝法なのですが、負け越しが上記の表を超えてしまった辺りから対策が必要となります

連敗が続くなら損切り

賭け金を考慮すると10連敗でゲーム数リセット(損切り)を考えても良いかなと思います。10連敗だとベット金額が55ドル、15連敗だと610ドル。資金に余裕があればあと数ゲームは様子を見ても構わないですがその辺は資金と相談ですね。

ココモ法はどこかで一線の区切りを付けて勝負すると大きく負けないのではないでしょうか?

ココモ法は他のギャンブルで応用できる

ココモ法なら様々なギャンブルで応用することができます。競馬、競艇、競輪ならオッズ2.8倍以上の単勝一点買い。勝った時点で回収率が100%を超えるようになるのです。しかしこれらのギャンブルは知識や情報を知らないと運次第でしか勝てない、動物、ボート、自転車、そして操る人間を相手にしているため本当に予想して当てるのが大変です。

やはりオッズの変動が無いカジノルーレットでココモ法を使うことが1番シンプルでおすすめな戦略ですね

まとめ

オンラインカジノのルーレットならココモ法を約50円~100円程度の低い金額設定から始めらるのでローリスクかつ手軽に試せます。

利益的に正直なこと言ったら1回試すだけでは物足りなさを感じるかもしれません。ココモ法は試行回数をこなしコツコツと資金を増やす立ち回りを正確に実践することが上手くカジノと付き合っていく上でとても大切なことだと思います

オンカジで最近勝てないなぁと感じる人はライブカジノ配信のルーレットでココモ法を試してみてください。

キャッシュバックやリベートボーナスがテーブルゲームでも適用されるカジノを選ぶことも忘れずに!