オンラインカジノにおけるギャンブル依存症対策-自己規制で自分を守ろう

私のウェブサイトではオンラインカジノの紹介をしたりギャンブルのことをテーマに記事を執筆しています。オンラインカジノを推進する私がなぜギャンブル依存症について考えているのか?ギャンブルとは一喜一憂を味わえる反面その人の人生をいとも容易く壊す「リスク」が存在するからです

資金の使いすぎを防止するギャンブル依存症対策「オンラインカジノ自己規制」を少しでも理解頂きより安全にオンカジをプレイしてもらえたらと思います!

ギャンブル依存症とは

世界的にもギャンブル依存症者が最も多くいると言われている日本。ギャンブル依存症は日本の社会問題としてたびたび話題になっている深刻な病気です。

ギャンブル依存症の主な特徴はギャンブルをやらないと気が済まない衝動に駆られる禁断症状があり、お金とギャンブルに対しての執着心が異常なほど強いです。平気で嘘をついたり生活費まで手を出し、最悪の場合家族や他人を騙してまでお金を手にしようと考えます。最終的に全財産を使い果たすまで病態(依存度)が重症化します。つまりギャンブル依存症とは金銭感覚が麻痺する脳の病気です

オンラインカジノにおけるギャンブル依存症対策-自己規制で自分を守ろう

禁断症状が発症していない普段の生活や言動からギャンブル依存症と判断することがとても難しいと言われています。またギャンブル歴と依存度に関係し、軽度~重度のギャンブル依存症者タイプがいます

ギャンブル依存症の見分け方

本人の自覚症状なしが多いとされるギャンブル依存症を簡単に見分ける方法は「遊びか」「本気か」「病気か」の違いです

  • タイプ1】お金に余裕があってギャンブルは遊びだ
  • タイプ2】勝つことに本気だ
  • タイプ3】生活費削るまで負けが続こうが1発で挽回と考えている

タイプ3ですとオンラインカジノで用意されている自己規制から入金制限をかける状況かもしれません

ギャンブルは中毒性があります。自分自身をコントロールできる強い意思があるのか今一度考えてみること。資産に相応しい身丈で適度に付き合うことが最も大事なことです

自己規制で依存症対策

自分でも知らぬうちに蝕む病気がギャンブル依存症です。ギャンブル依存症を未然に予防するために自身を守る防衛策としてオンラインカジノでは自己規制と呼ばれたギャンブルのめり込み防止対策を実施しています。

日本で有名なベラジョンカジノにはギャンブル依存症対策の一環として資金の使いすぎ防止対策「自己規制」が利用できます。自己規制は1日~の入金額制限、一定期間は入金禁止、ロス制限などを自己規制ページから設定可能です。オンラインカジノではこのような形でギャンブル依存症対策を行っています

ベラジョンカジノのギャンブル依存症に対しての見解はインターカジノ、遊雅堂などパートナーカジノサイトと同じくプレイワイズのページから確認取れます

オンラインカジノの自己規制を使う

ベラジョンカジノにおける自己規制の手順と使い方を説明します。設定次第では資金の使いすぎを抑えられる効果があると思いますよ

【1】アカウントへ進む

オンラインカジノにおけるギャンブル依存症対策-自己規制で自分を守ろう

【2】自己規制をクリック

オンラインカジノにおけるギャンブル依存症対策-自己規制で自分を守ろう

【3】自己規制メニューから制限かける項目を選び設定

オンラインカジノにおけるギャンブル依存症対策-自己規制で自分を守ろう

自己規制内容
入金制限入金限度額を設定すれば日数と入金額が同時に制限かけることができます。制限額に到達した場合、設定された一定期間内での入金が不可となる
プレイ・時間制限一度のログインでプレイできる時間とゲームプレイ時間制限を行うことが可能

制限時間を経過した場合、強制ログアウトします
ロス制限(損失抑制)ロス制限を行うと残高に対する負け額を制限し損失を抑えるすることができます。翌日までプレイを強制で禁止されます
ログイン制限カジノへ一定期間ログインできなくなります。タイムアウト(解除可能)と自己除外(凍結)から選べます

期間は24時間~無期限
カジノを退会アカウントを完全に削除

自己規制をうまく使えば細かな制限をかけることができるためギャンブル依存症対策として機能するというわけです

オンカジ依存症対策まとめ

ギャンブル依存症は年々減ってきたとは言え圧倒的に低い所得層が増え、更に日本の人口が低下の一途をたどる。すなわち人口密度と比例して日本でのギャンブル依存症者数の減少が停滞している状態が現実。

オンラインカジノがギャンブル依存症対策を行っているとしても効果は人それぞれ違う…商品がデリケートなギャンブル関係だからこそ尚更、紹介側にも注意を払う必要がある。

本当に依存症レベルならギャンブル辞めておけ

ギャンブル依存症者が減らないもう1つ理由はお前もうギャンブル辞めとけと言ってくれる家族以外の人間が存在しないこと。そして広く浅い人間関係を築くネット社会がリアルタイムで繋がり合える環境もギャンブル依存症が減らない問題なのではないでしょうか?

やはり現代社会では自分の身は自身で守ることです。常日頃から「ベットコントロール」を意識してオンラインカジノと付き合う習慣を頭に叩き込む他ありません。趣味を作ったりしてのめり込みを回避する手段も有効です。頭を冷やす休む期間も時には必要

ギャンブル依存症対策について真剣に向き合うとなるとまぁ難しい問題っすね。使いすぎたと思ったらオンカジの自己規制をまず試してください。人間、骨の髄までギャンブルで腐りきったらお終いよ