カジノスロットRTPについて解説。オンカジを始めたら知っておきたいこと

今回はオンラインカジノのスロットでよく使われているRTPについて書いていきたいと思っています。よろしくお願いします🤣

RTPはビデオスロット機種選びや勝ちやすさにもほんの少~しだけ関係する数値となりますので、RTPの意味を覚えてからオンカジを始めたほうがビデオスロットをより一層楽しめるかもしれません!

オンラインスロットRTPって何?

聞き慣れない言葉ですがRTPは楽天ポイントカードマン(正式名称は楽天カードマン)の略ではないことだけは確かです。

カジノスロットRTPについて解説。オンカジを始めたら知っておきたいこと

RTPはReturn to Playerの略でオンラインカジノ用語としてよく使われプレイヤーに配当を戻すという意味がありスロットの還元率です

オンラインスロットをプレイした金額の何%自分(プレイヤー)に還元される(戻ってくる)率がRTPとなります。俗に言われている『返し』ってやつですね

RTPはペイアウト率とも呼ばれパチスロを打ったことある方ならご存知なはずです。パチスロで使う機械割とオンラインスロットのRTPは大体同じ意味と思ってください

RTP還元率と収束の関係

オンラインスロットの機種によってこのRTP還元率に差があります。大体の機種は約95~96%に設定されています。

100%ではないから少し損するじゃないか😭

じゃあ100%なら全額戻るのかって話ですよね?短い時間、回転数だけでは100%にはなりません。

何万回もまわした回転数の中で勝ち負けを繰り返したデータを収集することによって、最終的にRTPが100%ならその数値付近で収束し落ち着くのです。

大当たりが続けば一時的には120%を超えます⬆️

当然、負ける日だってありますよね?還元率は120%からマイナスになります。90%に落ち込んだりもします⬇

RTPは最終的にカジノ側、ソフトウェア会社が公表されているスロットおきに設定されたRTP数値95%~96%となるのです

正確なRTPの数値を知るのは難しい

オンラインカジノRTPの数値を計るタイミングはスロットを打ち始めた資金±0の状態から実践したデータ推移でRTPを把握することができますが、短時間プレイのデータでは正確なRTPを知ることは難しいと言われています

より正確なRTP値を計るためには数万回、あるいは数十万回の資金の推移データを集める必要がありよほど物好きかハマっているスロットじゃない限り時間の無駄遣いです

ゲーミングプロバイダー会社が公表しているRTPは実際当てにならないって話しも聞いたことあるので、スロットRTPは参考データほどのレベルで捉えたほうが良いと思います

オンラインスロットは短い時間で勝つ

オンラインスロットのRTP(還元率)平均95~96%と先ほどお話しをした通り、長時間の回転数同じ機種を打ち続けるとRTPが95.6%なので結果負けることになります。

私みたいに同じスロットを長時間楽しく趣味打ちしていると負けるということかw

ビデオスロットをプレイして勝つなら短いスパンでどれだけチャンスを掴んで勝ち逃げできるかが肝心。オンラインカジノで勝率を上げるコツではないでしょうか?

RTPについてまとめ

短い説明でしたがスロットRTPのことを理解して頂けたでしょうか?最後にRTPの意味をまとめると

  • RTPはお金が戻る還元率 
  • RTPの還元率は長期間勝ち負けを繰り返して収束する%値
  • RTPは必ず打ち始め±0から実践
  • RTPなんて関係ない。勝つなら短時間で勝ち逃げ!

しかしながらオンラインカジノを始める方はRTPを知っておいて損することはないです。今回の記事を参考にRTPは楽天ポイントカードマンじゃないことだけビデオスロットを打つ時、頭の片隅に入れておいて頂けたらと思います。

RTPは同じベット金額でオンラインスロットを打ち続けると理論上、負けるってことだけを覚えておいてください

皆さんのビデオスロット勝率UPを楽しみにしていますっ!