オンラインカジノで負けを減らす基本の立ち回り方(スロット編)

オンラインカジノはお金の資金管理、体調管理がとても大切です。オンカジはギャンブルとなり冷静な判断が簡単に出来なくなるからです。

ほんの少しだけ立ち回り方を変えれば負けも減り少ない資金でオンラインカジノを遊べるようになるかもしれませんよ!

オンラインカジノで負けを減らす基本の立ち回り方(スロット編)

オンカジは冷静な判断が重要

オンラインカジノを楽しむためには自分で決めた約束事を作り守ることです。それを守れないなら悪いことは言いません。オンラインカジノを辞めたほうが稼げますm(_ _)m

体調や気分も勝率に影響を及ぼす

気持ちに余裕が無いと冷静な判断ができなくなり、カジノで良き結果は出ません。体調不良の時もオンラインカジノをやらないのがベストです。

オンラインカジノで負けを減らす基本の立ち回り方(スロット編)

生きていれば体調的に優れない時、気分が乗らない日だって多くあります。そういった場合、闇雲にカジノは危険です。判断力が鈍くなり、勝てる状況でも負けに転じてしまいます。

オンカジはお金が無限に出るATMではありません

オンラインカジノはお金を製造する銀行ATMではなく、あくまでお金を賭けて遊ぶギャンブルだということを忘れないでください

オンラインカジノで負けを減らす基本の立ち回り方(スロット編)

一度でも甘い蜜の味をしめてしまうと理性が働かなくなり資金をすべて溶かしてしまう危険性があります

カジノで使う資金は決めておく

例えば1ヶ月の期間内、オンラインカジノで使える資金をあらかじめ決めておく。当たり前ですが…

1ヶ月の家賃、生活費、支払いをすべて終わらせ余ったお金の中からオンラインカジノをやる!オンラインカジノ以前の基本ですけど資金管理はとても重要で、その基本がお金の余裕であったり心の余裕に繋がります。

資金に余裕があっても深入り禁物

使える資金が多くあったとしてもお金は無限ではないので長時間プレイ、深入りするとオンラインカジノは負ける傾向にあります

今日はカジノ調子良いから大丈夫と勝手な判断をすると資金が飲み込まれます。テーブルゲーム(ライブカジノ)は賭け方など立ち回り次第で変化しますが、あまり詳しくないので省略します

スロット、テーブルゲームどちらにしても勝ち越してからが慎重になるべきであり深入りは厳禁です

テーブルゲームにおける基礎的な賭け方について興味ある方は以下を参考にどうぞ。

時間を決めてプレイする

オンラインカジノはコンビニと同じく24時間営業をしているため、時間を決めてプレイする。オンラインカジノ以外の貴重な時間を大切にしていただいて、余った時間をオンカジで遊ぶのが良いと思います。

オンラインカジノで負けを減らす基本の立ち回り方(スロット編)

カジノゲームのクセや波を読む

オンラインカジノは設定1~6みたいなパチスロの設定がありません。

オンラインスロットには波があり、浮き沈みが存在します。良い波が来たらベット金額を上げ調子が悪そうならベット金額を下げる。オンラインカジノにおいて特にビデオスロットは波動を読む立ち回りが重要であったりもします。

勝ち逃げできるかが勝負

辞めどきも肝心で、これ以上出ないと察知できるスロット台の波や機種の癖を感覚で理解してもらえたら勝率はグーンと上がるはずです。

カジノゲームは還元率が存在

そしてカジノ機種にRTPというのも存在していますが、RTP意味は簡単に言うと還元率です。スロットで使った金額の何パーセントか自分に還ってきますよって数字です。

オンラインカジノRTPの仕組みを理解することで出玉の引き戻すタイミングを知ることができ、退き際や勝負どころを予想しやすくなります。上手くカジノゲームを立ち回るなら知って損はない仕組みですね

オンラインスロットには波の強弱がある

RTPの他にもスロット機種には波が存在します。スロットボラティリティと呼ばれた出玉の波、高低差を表したスロット機種におけるギャンブル度数がわかる指標です。ボラティリティが高ければギャンブル性が強く波が荒いスロット機種。ボラティリティが低くければ波も緩やかでコイン持ちが安定しているスロットだと言えます

スロットボラティリティを知ることで資金に見合った立ち回りが可能となるのです

まとめ

資金を全部溶かして次こそは勝つんだ!と考えてしまう前に一度だけ冷静に自分を見つめ直すと良い結果が出るはずです。何が敗因だったのかを考察して原因を追求し、負けるパターンを知ることが良いかもしれません。

判断力が鈍った状態だとイケイケになり全ツッパ状態に陥りやすいですので、資金管理、体調が整った上でオンラインカジノを楽しんで頂けたらと思います!